Press "Enter" to skip to content

前歯がかけて大変!思い出の歯を治す

前歯が折れました。といっても、前歯の一部を差し歯のようにしていましたが、そこが取たのです。でも、前歯です。口を開ければ、すぐにわかります。間抜けに見えます。治さないと。

今朝は、朝ごはんがウィンナーパンでした。ウィンナーに箸のような棒がささっており、それを持って食べれるようになっていました。特に、急いでいたのではないのですが、その棒を噛んでしまったのです。

少し痛いと思い、それから違和感を感じました。すると、前に座っていた息子が、なんか飛んだで、と言ってきました。棒が折れたかなと思いました。が、すぐに、その違和感が、前歯であると感じました。

前歯(の一部)がなくなっているではないですか。すぐに、飛んだものを探してみると、やはり、歯の一部でした。そして、改めて、鏡を見てみると、歯の一部がありません。間抜けに見えます。急いで歯医者を調べ、予約しました。今日の夕方に予約が取れました。良かった。

ただ、その後、仕事に出かけたのですが、心配したほど、気付かれませんでした。そんなに、仕事中、ずっと人と話しをするわけではなく、もともと、大きく口を開けてしゅべる方ではないからでしょうか。少し、拍子抜けしました。

歯医者へGo

歯医者に行くと、かけた歯の一部をくっ付けてくれました。拾っておいて、良かったです。息子に感謝です。この歯ですが、前回取れた時は、台湾でした。出張で、台湾に行ってた時に、訪問先の会社の昼ご飯で取れてしまいました。

その会社の担当の人が責任を感じたのか、または、私の顔がまぬけに見えたのか、すぐに、近くの歯医者に連れて行ってくれました。その時、あっという間に治さしてもらい、正確には覚えてないですが、凄く安かった記憶があります。10年以上前のことです。

そう考えると、台湾の歯医者、安くて技術も高いのかなと。今度取れたら、いや、新しい歯に治すときには、また台湾にしようかなと思ってます。台湾出張に行かないなといけません。まあ、台湾出張、嫌でも、ありますし。

痛くない歯医者