Press "Enter" to skip to content

富士山のシルエットが浮かんでとっても素敵

寒いかと思っていると昼になったら暑いとか、あったかそうな天気だと思っているとどんどん気温が下がってくるとか、何を着たらいいのかと思う毎日です。そこでちょっと重ね着をしておいて、暑くなったら脱いで、寒くなったらまた着るという技が登場している人をよく見かけます。

そういう私もやっぱり、そんな感じ。台風がいくつかやってきたので、ベランダの緑がちょっときれいではなくなっていて残念です。夏の暑い日差しを避けるために、たくさん葉っぱを茂らせて、グリーンカーテンを仕立てていました。

その葉っぱたちが台風の時は、すごい風が吹くので葉っぱ同志でぶつかり合うので、傷がついてしまうのです。台風のニュースを見るたびに、どうか風の台風ではありませんようにと祈っています。

雨のほうは少々降っても問題ない地域なので、心配ないのですが風は困りもの。ということで、台風のシーズンは好きではありません。子供の頃は台風のニュースが始まると母はご飯を炊いて、おむすびを作っていました。

母の子供の頃は台風になると停電をしたり、けっこう被害が出ることもあったようで、そんなことからおむすびを作って何かあっても食べる物があるように備えるようになったのだそうです。

でも台風が通り過ぎた後は、すっかりきれいに空気を掃き清めるような感じになるようで、ベランダからの景色が気持ちよくなります。特にきれいに見えるのが富士山です。富士山は日本人が大好きな山ですが、家のベランダから眺めることができるので、なんだか得した気分です。

マンションですが、購入するときにベランダから富士山が見えるというのは、けっこうプラスポイントでした。寒い朝には雪をかぶった富士山が見えます。

富士登山

夕方になるときれいな夕焼け空に富士山のシルエットが浮かんで、とっても素敵です。爆発するかもしれないとも言われていますが、今のままで、このままの姿のままでこれからも美しく雄々しくあってほしいと思います。